JBCF 富士山ヒルクライム

  • 2018年6月17日
  • 静岡県駿東郡小山町 ふじあざみライン
  • ヒルクライム/公道
  • 全長11.4km 標高差1200m

ここは地獄か?天国か?


先日おこなわれたJBCF富士山ヒルクライムに

E1:石井・大井

E3:鎌田

が参加した。

スタート地点に着くなり視界は真っ白

ほとんど見えない。

登りレースのため危険は少ないが斜度が見えずつらい・・・

もともと登りはきらいでできれば出たくなかったのだが・・・

まさに天国へと続いていそうな坂道だった

 

かの有名なあざみライン攻略とあって全員この日のためにギアを付け替えてきた。

フロント34Tはもちろんリアには32tをセットする選手もいた。

「34tでないととても登れない」と聞いていたので可能な限り軽いギアを搭載してきた。

石井はこの日新車を投入

TREK マドン7 旧式だが当時のフラッグシップで性能は一級品だそうだ

マドン9よりも石井はこちらが好みとのこと

本人は「平坦も登りも両方速くなった!!」といっているが

これ以上速くなるのか恐ろしい・・・

レース


競技中の写真などあるわけが無い。

そんな余裕などありはしない。

まったく画像も無いのも問題なので手書きで表現した。

コースを一言で表現すれば「最悪」だった。

画像のようにスタート地点は6~10%が長く続き通常のヒルクライムといったことろ

しかし、6km付近から事態は急変する。。。

斜度が20%を程度の坂が8km地点まで続き逃げ場がなくなるのだ。

 

霧が出ていてその区間に入ったことが分からなかったため

いきなりペダルが重くなるり急減速をしてしまった。

パンクしたのだと思いタイヤを見ても問題なし。。。

かなり厳しい・・・最悪だ・・・

この区間はレースというよりも足をつかないで登るのが精一杯だった・・・

 

そしてゴール手前2km地点ほどで霧が晴れ、青空が広がっていた。

ゴールすると富士山5合目

眼下に広がる雲海、スタート地点の霧は雲だったのだ。

※画像のうねうねしてるのは雲だからね

 

ここまで自転車で登ってきたのだ。

その光景を見て、怒りしか覚えなかった。

 

もう二度とやらない

 

 


この日は11位に大井、14位に石井が入った。

強いな・・・

 

今回もネクストイエロージャージを守ることができた!

すばらしい!

 

チームランキングも首位を奪取し

ツライ思いをして登ったかいがありましたね!!

 

 

大事なことだから2回言うけど

もう二度とやらない

 

 

-------スポンサー・サプライヤー---------------

みひらクリニック
http://www.mihira-clinic.com/

高濃度酸素水 SPORTS OXYSHOT
http://www.sports-oxyshot.com/

STC NUTRITION
http://stc-nutrition.jp/

PSI CUSTOM SPORTWEAR
http://psi-sportswear.jp/

 

New-HALE

http://new-hale.com/