海老名選手の使用機材2

ここではJETで活躍するアーティファクトレーシングのメンバーの使用する機材を紹介していこうとおもう。

若干お遊び的なページなのでかる~い気持ちで読んでいただければと思う

CAAD10が破断するまで乗るという決意もあったが、ついにカーボンフレームに手を出してしまう海老名であった・・・

SCOTT FOIL 40


現在アーティファクトレーシングチームE1にて活躍する海老名選手のバイクを紹介いたします!

SCOTT FOIL 40 

メインコンポ:105 アルテグラ デュラエース ミックス

ホイール:フルクラム レーシングスピード(本藤代表から借りた)

ハンドル:シマノプロ VIBE7s 

サドル:ボントレガー  Serano RL

タイヤ:シュワルベ ワン チューブラ 22㎜

ペダル:スピードプレイ

コンピューター:パイオニア SGX-CA500

 

長年CAAD10を愛用していた海老名であったが、ついにフルカーボンバイクを購入した。

もともと武井がFELTの前に使っていたものだが、海老名の戦闘力UPのため譲っていただいたものた。

本藤代表から借りたレーシングスピードと合わせて空力性能が大幅に向上し、CAAD10よりもずっと軽くなった。

細部


ハンドル回りは引き継ぎでシマノPRO。ステムはポジションを合わせるため120㎜

 

リアスプロケットはスラムの11-28。海老名はスラムの歯数を好むためこのスプロケットを使用している。


ホイールはレーシングスピード。ブライトラベルが貼ってあったが本藤代表の意向により剥がされたので真っ黒いホイールとなっている。

サイコンにはパイオニアのぺダリングモニターを装備している。ハンドルはCAAD10からの引き継ぎだが、ここまで来たらエアロハンドルにしたいとのこと。


シートポストは専用品

長く伸びたシートポスト

まるで外人選手のバイクのようだ…

なんともうらやましい

ペダルはスピードプレイ

サドルはボントレガー  Serano RLを使用する。


進むエアロ化


海老名曰く「CAAD10へたってたのかなー」とのこと。

そんなことを感じるくらいによく進むフレームらしい。

CAAD10が本当にへたってた可能性はありますが…

 

逃げに乗ったり集団を牽引することの多いスタイルの海老名にとって

エアロ化は大きな効果があるであろう。

 

エアロ化によってのメリットは競技力の向上だけでなくバイクがかっこよくなるというところもあると思う。

自分のバイクがかっこよくなれば競技に対するモチベーションは大きくなる。

 

かっこいいバイクができたらかっこいいジャージ

PSIスポーツウェアさんはデザインに自信のない方でもイメージを伝えるだけでデザインを提案してくれる。

 

アーティファクトレーシングチームのジャージのデザインも、もちろんPSIスポーツウェアさんのデザイナーさんに相談して、チームのイメージにあわせて作ってもらっている。

オリジナルジャージを作りたいと思っているがデザインに自身がないという方はいかがだろうか?

きっと、かっこいいジャージがきっとできるでしょう!!

 

↓PSIスポーツウェアJAPAN様

http://psi-sportswear.jp/

 

戦闘力が大幅アップした海老名の活躍にご期待ください!!